葛の花由来イソフラボンのダイエット効果とは

MENU

葛の花由来イソフラボンには脂肪の合成を抑える効果がある

葛の花,イソフラボン,ダイエット

年齢を重ねるごとに人の体の代謝機能は低下していきます。食事制限や運動などのダイエットは体重を落とすことはできます。しかし皮下脂肪や内臓脂肪を落とすのは難しいです。

 

脂肪が落ちないと悩んでいる人におすすめなのが、葛の花由来イソフラボンです。葛は古くから生薬として利用されてきた伝統的な植物です。

 

根の部分は葛根と呼ばれており、風邪や下痢の治療に使われてきました。葛根ほど知られてはいませんが、葛の花の部分にもさまざまな効果があります。

葛の花には7種類のイソフラボンと3種類のサポニンが含まれている

葛の花由来イソフラボンにはダイエット効果があることで注目を集めています。新たな脂肪の合成を抑える作用、脂肪の分解を促進する作用があります。

 

燃焼しきれずに余ったエネルギーは肝臓で中性脂肪に合成されます。そして体脂肪として蓄積されます。葛の花由来イソフラボンはこの脂肪の合成を抑える働きがあります。結果として新たな脂肪が付くのを防いでくれます。

 

体内に蓄積された脂肪はそのままではエネルギーとして燃焼させることができません。一度脂肪酸へ分解する必要があります。

葛の花由来イソフラボンは溜まった脂肪を分解してくれる

葛の花由来イソフラボンには、この分解をサポートする作用があります。脂肪の分解を促進し、脂肪の燃焼を促進させる効果があります。体内の脂肪の中でも特に腹部についた脂肪の減少に効果的だと言われています。

 

メタボリックシンドロームだと診断された人には、このサプリメントがおすすめです。年齢を重ねてお腹の脂肪が落ちにくく、どんどん溜ってしまったという人におすすめです。サプリメントなので即効性はありませんが毎日コツコツと摂り続けることで確実に効き目を実感することができます。

葛の花由来イソフラボンに含まれるイソフラボンや他の成分の効果とは?

葛の花,イソフラボン,ダイエット

葛の花由来イソフラボンには内臓脂肪を減少させる効果があります。このイソフラボンは大豆イソフラボンと同様に女性ホルモンであるエストロゲンと同様の効果があります。そのため植物性エストロゲンともいわれているのです。

 

実は内臓脂肪の分解・燃焼を促す作用があります。内臓脂肪となる中性脂肪の生成を抑制する作用があります。体内に一度蓄積された体脂肪はなかなか分解することができないのですが、葛の花由来イソフラボンは体脂肪の脂肪酸への分解を促すことができます。
その上、その分解された脂肪酸を燃焼させる作用もあります。効果的に内臓脂肪を減少させる作用があるのです。

葛の花由来イソフラボンにはサポニンも含まれる

さらに葛にはサポニンという成分も含まれています。サポニンは血管内の脂質を取り除き、血中コレステロールを減少させる作用があります。すると血流が良くなり、動脈硬化や高血圧を予防することができます。

 

血流が良くなることで代謝も活発になるため、脂肪の溜まりにくい体にすることが期待できるのです。このように葛の花由来イソフラボン内臓脂肪を減少させるイソフラボンと血流を良くして代謝を高めるサポニンダブル効果により痩せやすい体質になることが期待できます。

 

今まで様々なダイエットをしたけどぽっこりお腹を改善できなかったという方におすすめの成分です。

 

葛の花由来イソフラボン

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの葛の花由来イソフラボンサプリ総合ランキングはこちら<<

葛の花由来イソフラボンには脂肪の合成を抑える効果記事一覧

葛の花由来イソフラボン

40代に入ると多くの女性は更年期に入ります。更年期とは閉経に向けて女性ホルモンの分泌が急激に低下します。それによって体に様々な変化が起こり、心身ともに不調を感じます。女性ホルモンの働きと重要性女性ホルモンは、生理を起こし、排卵を起こし、妊娠...

葛の花由来イソフラボン

葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪を減少させる効果が知られています。実はそれ以外にも二日酔いを改善する作用もあります。元々、葛の花には様々な効能があります。そのため昔から葛根湯や葛湯などにも使われています。葛の花由来イソフラボンは飲酒の際に一...