葛の花由来イソフラボンで更年期障害改善・血液サラサラ

MENU

更年期障害にも効果的な葛の花由来イソフラボンサプリメント

葛の花,イソフラボン,更年期

40代に入ると多くの女性は更年期に入ります。更年期とは閉経に向けて女性ホルモンの分泌が急激に低下します。それによって体に様々な変化が起こり、心身ともに不調を感じます。

女性ホルモンの働きと重要性

女性ホルモンは、生理を起こし、排卵を起こし、妊娠可能な体の状態を作ります。それが女性の体のバランスをとっています。また、ホルモンは血液循環を円滑にして体内循環を正常に行えるように促します。健康的な肌作りにも大きな役割を持っています。

女性ホルモンが減少するとどうなるの?

ホルモンの分泌が減少することでそれの動きができなくなり、自律神経のバランスを崩してしまうのです。自律神経のバランスを崩すと血管の拡張や収縮がうまくいかなくなります。

  • ホットフラッシュ
  • めまい
  • のぼせ
  • 肩こり
  • 不安感
  • イライラ
  • 無気力虚脱感

などを起こします。これが更年期障害と呼ばれるものです。更年期障害は普段の生活にまで支障をきたしてしまうことがあります。これを改善するには、女性ホルモンと同じ働きをする栄養素を補給することが効果的です。有名なのがイソフラボンです。

葛の花由来イソフラボンは更年期障害の症状に効果的

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをし更年期障害の症状を緩和します。女性ホルモンの補佐として体内で自律神経のバランスを整えます。老廃物の排出、肌への栄養などの働きを担う大きなサポート力になるものなのです。活性酸素を抑える働きもあるので、アンチエイジング効果も得ることが出来るものです。

葛の花由来イソフラボンの摂取はサプリメントがおすすめ!

イソフラボンは、豆腐や納豆に多く含まれることで有名です。より確実に手軽に摂取する方法としては、サプリメントがあります。その中でも葛の花由来イソフラボンは、その効果の高さから多くの女性の支持を集めています。

 

葛の花由来イソフラボンは、葛の花から抽出されるイソフラボン成分です。葛の花由来イソフラボンを飲むことで、更年期障害の症状を緩和、予防するほかアンチエイジング、ダイエットなど女性にはうれしい効果が期待できます。

葛の花由来イソフラボンとサポニンの効果について

葛の花,イソフラボン,更年期

葛の花由来イソフラボンは、肝臓と膵臓の働きを助けることが証明されています。そのため、二日酔いなどに対して有効であるとされています。また女性ホルモンの減少などが原因となる更年期以降の女性の肥満などに対しても有効です。

 

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、脂肪燃焼効果と満腹中枢刺激効果があります。しかし年齢を重ねると減少してしまいます。結果的に更年期以降の女性は肥満になってしまうことが多くなってしまいます。

 

また、更年期以降の女性はプロゲステロンというホルモンも増加してしまいます。それがさらに肥満になるのを加速させてしまうことになります。イソフラボンは植物エストロゲンの一つといわれています。女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするからなのです。

葛の花に含まれているサポニンは体内の酸化を防ぐ

摂取すると特に更年期以降の女性にとっては嬉しい効果をもたらします。また、これらの効果は葛の花に含まれているサポニンにも期待されます。サポニンは大豆のほかには高麗人参などにも含まれている渋みや苦みの主成分です。体の中が酸化するのを防ぎ、代謝を促進する効果があります。

 

血管に付着した脂質を取り除く作用などもあり、血中コレステロールが低下します。また、肝臓の負担を軽減し、肝細胞を再生する働きもあります。

 

イソフラボンと同様に二日酔いの予防や肝機能の改善にも作用することにもなります。血液サラサラ効果だけではなく、脂質の吸収を阻止するため、ダイエットに役に立つということも期待されるのです。

 

葛の花由来イソフラボン

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの葛の花由来イソフラボンサプリ総合ランキングはこちら<<