葛の花由来イソフラボンで二日酔い・肝機能改善

MENU

葛の花由来イソフラボンには二日酔いの予防効果があります!

葛の花,イソフラボン,二日酔い,肝機能

葛の花由来イソフラボンは内臓脂肪を減少させる効果が知られています。実はそれ以外にも二日酔いを改善する作用もあります。元々、葛の花には様々な効能があります。そのため昔から葛根湯や葛湯などにも使われています。

 

葛の花由来イソフラボンは飲酒の際に一緒に摂取することで二日酔い予防できます。

二日酔いは毒物であるアセトアルデヒドが体内に廻ってしまうことが原因

二日酔いの症状は体内に吸収されたアルコールがアセトアルデヒドに分解され、それらが体内の様々な組織に影響することにより生じます。アセトアルデヒドは毒物でもあり、分解できる酵素を持っている方と持っていない方がいます。そのため、お酒に強い方と弱い方がいるのです。

 

お酒に弱い方の場合、分解できなかったアセトアルデヒドが体内に廻ってしまいます。そして細胞から活性酸素が生じるのを促してしまいます。活性酸素は細胞や組織を酸化させ、機能を低下させてしまいます。それにより、頭痛や吐き気、倦怠感などの症状が表れてしまうのです。

葛の花由来イソフラボンは肝機能もサポートする

葛の花由来イソフラボンにはアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。そのため、アルコールを飲む際に摂取することで、辛い症状を緩和・予防することができるのです。

 

また、アルコールは肝臓で分解されるため、肝臓に負担をかけて肝機能を低下させてしまいます。葛の花由来イソフラボンには肝臓を保護する作用もあります。肝機能の低下を予防・改善することができるのです。このように葛の花由来イソフラボンには解毒作用をサポートすることができます。

 

二日酔いの症状を緩和したり予防する効果があります。アルコールを飲む際にあらかじめ摂取しておくと翌日辛い症状で悩まずに済みます。しかし、いくら解毒に効果的といっても飲み過ぎは体に負担をかけることには変わりません。飲み過ぎには注意しましょう。

葛の花由来イソフラボンには肝機能改善効果がある?

葛の花,イソフラボン,二日酔い,肝機能

葛の花由来イソフラボン肝機能改善する効果もあります。葛は昔から和菓子や葛湯にも使われていますが、意外な健康効能もあります。二日酔いを改善したり肝臓を保護する作用もあります。中国では昔から「葛は酒を消す」と言われていたほど、その効能は知られています。

 

日本でも昔、酒好きだった水戸光圀も葛を飲んでいたことが分かっています。葛の花由来イソフラボンには体内のアセトアルデヒドの上昇を抑制する作用があります。

葛の花由来イソフラボンはお酒による肝臓のダメージを減らす効果がある

しかし過度なアルコール摂取は肝臓に負担をかけてしまいがちです。すると肝機能は低下して様々な障害を生じるようになります。葛の花由来イソフラボンは肝臓を保護してダメージから守ります。さらに肝機能改善させる作用があることが最近では分かってきました。

 

お酒に弱いけど夜の付き合いをしなければいけない時や、翌日の二日酔いを予防したいという時にこの成分を配合したサプリメントを飲むことをおすすめします。

 

葛の花由来イソフラボン

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの葛の花由来イソフラボンサプリ総合ランキングはこちら<<